2010年05月24日

ライター安全規制を決定…既存品の9割以上(読売新聞)

 ライターの火遊びが原因とみられる火災が相次いだ問題を受け、経済産業省の作業部会は21日、国内で流通するほぼすべてのライターに、子どもが簡単に着火できない仕組み「チャイルドレジスタンス」(CR)を導入するよう義務付ける安全規制に乗り出すことを決めた。

 同省は年内にも必要な法令を施行、在庫品解消のためなどの猶予期間を設けた後、来年夏頃から既存品の販売を禁止する方針。

 販売禁止の対象となるのは、着火が容易なライターで、使い捨てタイプのほか、ガス注入式であっても樹脂製で安価な汎用品ライターも対象になる。また、ピストル形など子どもの興味を引きそうな形状のライターの販売も禁じられる。高級ブランド品など子どもが扱う機会が少ないと思われるものは対象外で、国内に流通する年間約6億個のライターのうち、9割以上が対象となるとみられる。

 CRについては、すでに欧米で〈1〉着火ボタンを子どもの力では押せない重さにする〈2〉ストッパーを外してから着火ボタンを押すなどの2段階操作にする――といった基準が導入されており、ほぼ同様の内容で、日本工業規格(JIS)の作業部会が8月までにとりまとめる見込み。

 ライターの規制については、昨年12月から同省が検討を始めたが、今年2月以降、火遊びが原因とみられる火災で子どもが犠牲になるケースが東京都や北海道、宮城県などで相次ぎ、方針決定を急いでいた。

<東北大>論文データ転用で助教の解雇は無効 仙台地裁(毎日新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(4)(産経新聞)
B型肝炎訴訟和解協議 「命削る叫び聞いて」 原告団、早期救済訴え(産経新聞)
小沢氏、21日に不起訴=陸山会事件―東京地検(時事通信)
電動立ち乗り二輪車 「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
posted by ムトウ ヒフミ at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

<ダイヤ鑑定かさ上げ>「何を信じれば」店舗・消費者戸惑い(毎日新聞)

 大手宝石鑑定会社「全国宝石学協会」(全宝協、東京都台東区)が、業界の基準よりダイヤモンドを甘く鑑定していた疑いが毎日新聞の報道で明らかになった15日、全宝協鑑定のダイヤを扱う大手百貨店や宝石店は、価値をかさ上げしたとされる期間中に仕入れたダイヤの在庫確認や事実把握など対応に追われた。ある宝石商は「業界が信用されなくなるかも」と深刻に受けとめ、消費者からは「何を信じればいいのか」と不安や戸惑いの声が聞かれた。

 全国に10店舗を展開する大手百貨店「三越」は全宝協の鑑定書付きダイヤの納品を受けている。広報担当者は「大変驚いている」と話し、全宝協に事実関係の説明を求めていることを明らかにした。

 同様に全宝協と取引している大手百貨店「高島屋」は報道を受け、全国18店舗の宝石仕入れ担当者に事実関係の確認を指示した。広報・IR室の担当者は「調査中ではっきりとしたことは申し上げられない」と語った。

 全国展開する宝飾品販売会社「ジュエリーツツミ」(本社・埼玉県蕨市)は、全宝協を含め数社に鑑定を依頼している。担当者は「かさ上げ鑑定の事実確認中で、まだ何も答えられない。今のところ客からの苦情は寄せられていないが、各店舗でどう対応するか検討中」と困惑した様子で話した。

 一方、東京と埼玉に店舗を展開する別の宝石販売会社の担当者は「かさ上げされていたとされる期間のダイヤは扱っていない。新聞報道で初めて知り、寝耳に水だ。1年半ほど前まで行われていたようだが、なぜ今になって発覚したのだろう」といぶかしがった。【松谷譲二、八田浩輔】

 ◇「許せない」

 東京・銀座の三越の4階宝石フロアには、全宝協の鑑定書で「約5カラット、カラー『G』」とされたダイヤモンドの指輪が、50万4000円で売られていた。

 所用で上京し「ちゃんとしたものを買いたいので店をのぞいた」という札幌市の会社員女性(53)は、かさ上げ鑑定問題について「初めて知った。本当なら許せない」と驚いた様子。「私たちでは価値は決められない。もし自分の持っているダイヤが鑑定より低い価値のものだったら、がっかり。どんな仕事でも誠実にやらないと、いつか痛い目を見ると思う」と話した。

 横浜市西区の百貨店でダイヤの指輪を修理に出していた女性(45)は「微妙な差など消費者は分からない。鑑定書が違うとなると何を信じればいいのか。ダイヤのような宝石を買うのは一生で何回もない。きちんとした基準でやってほしい」と困惑した表情。川崎市の会社員女性(28)も「どれがきちんと鑑定されたダイヤか自分たちでは調べようもない。不安です」と話した。【浅野翔太郎、松倉佑輔】

 ◇「夢あざむいた」宝石店主戸惑い

 「消費者への裏切りだ」。長年、同社と取引していた福岡の宝石商は、業界全体が不信の目を向けられることを懸念している。25年間宝石店を営んできた60代の男性は「鑑定会社が付けるグレード(ダイヤの価値)に基づいて売り買いしてきた。結果的に消費者をだましてしまった」と戸惑いを隠さない。

 男性は宝石店開店後は宝石の鑑定をほぼすべて全宝協に依頼してきた。「カラーグレードのわずかな違いは、プロでもなかなか判別しにくい。鑑定を信じて疑うことなどなかった」と語る。

 宝石販売業はバブル崩壊後、全国的に低迷が続いている。男性の店も最盛期4億円以上あった年間売り上げが10分の1以下まで減ったという。

 売り上げの約半分がダイヤだ。かさ上げが行われたとされる07年2月〜08年10月に鑑定を依頼し、売れ残っている商品が複数ある。顧客から再鑑定や返品を求められる事態も予想される。「額は想像がつかないが、大変な被害になる」と、表情を曇らせた。

 訪れる半数以上は婚約、結婚指輪を買うカップル。「多少無理をしてでも彼らは『永遠』や『夢』を信じてダイヤを買う。それをあざむく結果になった」。そう言って男性は肩を落とした。【阿部周一】

【関連ニュース】
<関連記事>ダイヤ鑑定:「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ
<関連記事>ダイヤ鑑定:元社員「一律に甘く」 多い日は100個以上
<関連記事>ダイヤ鑑定かさ上げ:「気持ちマヒしていった」 全宝協元社員「一律に甘く」
<関連記事>ダイヤ鑑定:大手「全宝協」がかさ上げ 関係者の話

消費税率は先送り=自民の参院選公約原案(時事通信)
13市議が「松山維新の会」 道州制掲げ参院選は自民系支援(産経新聞)
採決時に混乱 “小沢ガールズ”三宅氏が転倒(産経新聞)
高齢者住宅の発展目指す事業者団体が発足(医療介護CBニュース)
官房長官が鹿児島・徳之島関係者と会談(産経新聞)
posted by ムトウ ヒフミ at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

年金制度改革に意欲=舛添氏(時事通信)

 新党改革の舛添要一代表は10日午後、徳島市内で街頭演説し、年金制度について「なぜ60歳を過ぎたら定年退職してしまうのか。一番大きな原因は働いて給料をもらったら、年金がストップされるからだ。こういう制度はやめた方がよい」と述べ、高齢者が一定の収入を得ても年金が減額されない制度の構築に意欲を示した。
 舛添氏は演説後の記者会見で、今後の選挙活動について「新しい候補が決まればお披露目もかねて、国民に直接訴えていきたい。できるだけ早く候補者を擁立したいと思い、鋭意作業をしている」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

演奏家宅からコントラバスなど5300万円相当盗まれる 東京・三鷹(産経新聞)
「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)
途上国支援大会 タイで死亡の村本さんの同僚も参加(毎日新聞)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
<電動自転車>CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市(毎日新聞)
posted by ムトウ ヒフミ at 18:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。