2010年04月22日

鳩山首相の元公設秘書に有罪判決 禁固2年猶予3年(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載など)の罪に問われた懇話会の会計事務担当だった元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)の判決公判が22日、東京地裁で開かれた。平木正洋裁判長は禁固2年、執行猶予3年(求刑禁固2年)を言い渡した。

 現職首相の元秘書が立件された異例の公判は、夏の参院選への影響を配慮し、初公判から1カ月足らずで結論に至った。

 一連の事件では会計責任者だった元政策秘書を同法違反(重大な過失)罪で略式起訴、罰金30万円と公民権停止3年の略式命令となった。鳩山氏は嫌疑不十分で不起訴処分とされた。

 起訴状によると、勝場被告は平成16〜20年、故人や実際には献金していない人からの個人献金計2億700万円を懇話会の収支報告書に記載したほか、政治資金パーティー収入も約1億5300万円水増しして記載。また、鳩山首相の関連政治団体「北海道友愛政経懇話会」(北海道室蘭市)の収支報告書に17〜20年に実母と実姉から受けた献金計1200万円を記載せず、パーティー収入約3千万円を水増しして記載したとされる。

【関連記事】
「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」首相元公設秘書
「癒着や政治腐敗を生む資金の隠蔽ではない」弁護側の最終弁論
首相「責任感じる」でも「使命果たしたい」
首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」
首相みたいな身分になってみたいよ…渡部恒三が語る

<胎児治療薬>保険を適用 胎盤通じ投与、呼吸困難防ぐ(毎日新聞)
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明−環境省(時事通信)
学生監禁致傷公判 元巡査 罪状認める 神戸地裁(産経新聞)
独法仕分けに意見602件 「不用施設は売却」「天下り禁止を」(産経新聞)
消費税率引き上げ、民主に要求…知事会特別委(読売新聞)
posted by ムトウ ヒフミ at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。